花宵道中 第五章・第六章【遊女たちの心理的な描写が魅力的】 ネタバレ・無料立ち読み

 

花宵道中 第五章・第六章
【遊女たちの心理的な描写が魅力的】
ネタバレ・無料立ち読み

 

 

「花宵道中」
めちゃコミで、登録してなくても無料立ち読みできます。

 

切ない遊郭の物語なので、まずはお試し読みをどうぞ。

 


めちゃコミ
で無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【花宵道中】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『花宵道中』を読む

 

 

花宵道中【遊女たちの心理的な描写が魅力的】 ネタバレ

 

 

第5章は内気な少女の緑と、八津の友人でもある妹女郎、三津のお話で五巻に収録されている話です。

 

この話は、唯一遊女同士の百合が扱われています。

 

 

人見知りで数少ない人としか喋れない緑はある日、快活で男勝りな性格の三津に恋をします。

 

しかし、三津は病気を患っていて自分がもう長くないことを悟っています。

 

緑と三津が致すシーンは、全編を通して一番甘い描かれ方となっています。

 

少しずつ成長する緑の姿と可愛らしい恋模様、一転して切ない別れが印象的なお話です。

 

第6章が収録されている六巻では、作中の遊女たちが過ごす見世の女将である勝野の若き頃から今現在の話が描かれます。

 

どこと無く無常観が漂うお話で、今までに亡くなった遊女に対する弔いの意味も含まれています。

 

長年遊郭で過ごしてきて、後悔や諦めなどが積もる勝野ですが、最終的には老後の新たな一歩を踏み出します。

 

未来へのつながりが感じられるお話でした。

 

 

花宵道中の全章を紹介してきましたが、如何でしたでしょうか?

 

個人的には、第3章と第4章、第5章が気に入っています。遊女たちの切ない恋模様や、取り巻く環境の酷さの中で懸命に生きようとする姿に涙が止まりませんでした。

 

原作小説の雰囲気を壊すことなく、忠実に再現しているのも素晴らしいと思いました。

 

切ない大人向けの官能物が読みたい方や、遊郭物や歴史物にハマっている方にオススメしたい漫画です。

 


めちゃコミ
で無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【花宵道中】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『花宵道中』を読む

 

 

 

花宵道中 作品情報

 

 

作品名 花宵道中
作者 斉木久美子 / 宮木あや子
価格 1話 40pt
サンプル 無料サンプルページはコチラ
配信元 めちゃコミ

 

 


めちゃコミ
で無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【花宵道中】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『花宵道中』を読む

 

 

めちゃコミで無料立ち読み出来ます。

 

 

花宵道中めちゃコミで配信されてる漫画です。

 

 

めちゃコミとは、可愛いブルドックのCMでおなじみの公式電子書籍サイト

 

 

公式電子書籍サイトとは、今話題のスマホやPCで漫画が読めてしまうサイトの事を言います。

 

 

 

ホラー漫画をはじめ、面白い漫画がすっごく豊富で人気のコミックサイトなんです。

 

 

 

 

自分はいつもここで漫画を読んでます。

しかも1話80ポイント(80円)と言う、お手軽さ!

 

 

 

 

携帯電話料金で一緒に支払えるので、クレジットカードの登録不要です。

 

 

 

また、支払い方も多様で

 

 

楽天pay

 

 

YAHOOウォレット

 

 

Amazon Pay

 

 

でも支払いができるという、超便利で手軽で面倒な登録が不要なんです。

 

 

 

 


めちゃコミ
で無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【花宵道中】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『花宵道中』を読む

 

 

電子書籍を読むワケ

 

私は結構、ベッドで横になったり、リラックスタイムに漫画を読みます。

 

 

 

そんな時、手元に何冊も持ってきて、一巻抜けてたから取りに行かないと、、、

どこに置いたかな、、、なんて事がありません。

 

 

 

あと、ちょっとエッチな漫画とかだと店員さんから買いにくかったりしますよね。

 

 

後、買ってから何か絵の雰囲気とか違った…ということも。

 

 

でも、電子書籍なら、立ち読みも出来るし、スマホさえあれば何度でも読めるので気軽に楽しめます。

 

 

 

数十円で読めちゃって、凄くお手軽です。

 

 

 

単行本一冊の値段で、何冊も読めちゃうから、お得感がすごいんです。

 

 

是非電子書籍がどんなものか覗いてみて下さい♪

 


めちゃコミ
で無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【花宵道中】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『花宵道中』を読む