花宵道中 第三章・第四章【切ない展開、涙なしでは見られない章】 ネタバレ・無料立ち読み

 

花宵道中 第三章・第四章
【切ない展開、涙なしでは見られない章】
ネタバレ・無料立ち読み

 

 

「花宵道中」
めちゃコミで、登録してなくても無料立ち読みできます。

 

切ない遊郭の物語なので、まずはお試し読みをどうぞ。

 


めちゃコミ
で無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【花宵道中】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『花宵道中』を読む

 

 

花宵道中 第三章・第四章【切ない展開、涙なしでは見られない章】 ネタバレ

 

第3章は朝霧の姉女郎、霧里のお話で、二巻から四巻にかけて収録されています。

 

霧里は一巻の時点ですでに故人なので、物語は一旦過去へと遡ります。

 

実は霧里の弟である半次郎や霧里に意外な繋がりがある吉田屋も再登場し、霧里の悲劇的なお話を中心に展開されます。

 

朝霧の話以上に辛い展開も多く、特に吉田屋に抱かれる霧里の姿に胸が痛みました。

 

一方で、霧里と同じ遊女で朗らかな性格な菊吉が可愛らしかったです。

 

霧里と菊吉との友情の描かれ方がとても素敵だと感じました。

 

切ない展開が目白押しで、涙なしでは見られない章です。

 

第4章は、成長した朝霧の妹女郎、八津のお話で四巻から五巻に収録されています。

 

遊女たちの数々の悲恋や悲しい運命を目にしてきた八津は、恋愛に対して無関心で、ただ淡々とお客をとるようになっていきました。

 

そんな中、新たな髪結いとしてやってきた三弥吉

 

三弥吉は格好良い見た目ですが、真面目で寡黙な性格です。

 

そんな一面に徐々に惹かれていく八津ですが、遊女が恋してもいいことが無いという感情と募る想いの間で揺れます。

 

一方で、事件がいくつか彼女たちを襲います。

 

その中でも、とある事件を通して遊女たちの友情の姿や、ひどい客に対する仕返しがすっきりしました!

 

色々な経験を経て遊女として生き抜くことを決めた八津と、ずっと寄り添うことに決めた三弥吉の姿が素敵でした。

 

全章を通して、一番思いが報われる話です。


めちゃコミ
で無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【花宵道中】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『花宵道中』を読む

 

 

花宵道中 作品情報

 

 

作品名 花宵道中
作者 斉木久美子 / 宮木あや子
価格 1話 40pt
サンプル 無料サンプルページはコチラ
配信元 めちゃコミ

 

 


めちゃコミ
で無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【花宵道中】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『花宵道中』を読む

 

 

めちゃコミで無料立ち読み出来ます。

 

 

花宵道中めちゃコミで配信されてる漫画です。

 

 

 

 

めちゃコミとは、可愛いブルドックのCMでおなじみの公式電子書籍サイト

 

 

公式電子書籍サイトとは、今話題のスマホやPCで漫画が読めてしまうサイトの事を言います。

 

 

 

ホラー漫画をはじめ、面白い漫画がすっごく豊富で人気のコミックサイトなんです。

 

 

 

 

自分はいつもここで漫画を読んでます。

しかも1話80ポイント(80円)と言う、お手軽さ!

 

 

 

 

携帯電話料金で一緒に支払えるので、クレジットカードの登録不要です。

 

 

 

また、支払い方も多様で

 

 

楽天pay

 

 

YAHOOウォレット

 

 

Amazon Pay

 

 

でも支払いができるという、超便利で手軽で面倒な登録が不要なんです。

 

 

 

 


めちゃコミ
で無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【花宵道中】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『花宵道中』を読む

 

 

 

めちゃコミの登録方法

 

 

手軽に登録できちゃう、めちゃコミ

スマホでの登録のやり方を書いていきます!

まずは、めちゃコミのトップページにアクセスしてください。

 

1.会員登録のボタンをクリック
2.ポイントを支払う、スマホのキャリア会社や方法を選ぶ

 

携帯料金と合わせて支払うプランや、クレジットカード、楽天ペイ、Yahoo!ウォレット、Amazon Payでの支払いも可能です。

 

支払いやすい方法を選んでください。

 

 

3.好きなコースを選ぶ

自分は様子見で、一番安い300ptのコースにしました。

4.プロフィール登録

登録完了が完了すると、簡単なプロフィール登録を行って
使用することができます。

 


めちゃコミ
で無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【花宵道中】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『花宵道中』を読む