父さんはひとごろし【幸せな家庭が一気に崩れて…!】ネタバレ・無料立ち読み

 

父さんはひとごろし
【幸せな家庭が一気に崩れて…!】
ネタバレ・無料立ち読み

 

 

「父さんはひとごろし」
めちゃコミで、登録してなくても無料立ち読みできます。

 

読んでて怖い作品なので、まずはお試し読みをどうぞ。

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【父さんはひとごろし】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『父さんはひとごろし』を読む

 

 

父さんはひとごろし【幸せな家庭が一気に崩れて…!】感想

 

この「おとうさんはひとごろし」という、マンガのタイトルからしてとても印象的なものでした。

さわやかな真夏の絵。ひまわりが背景にあり、半そで姿の学生男子と、セーラー服の女の子。

 

見た目は青春マンガだと思いたいが、いかんせん、この二人に違和感ありまくります。

 

 

主人公の男の子の腕には、セーラー服姿で横たわる女の子。いったいどんな内容だろうと、思ってしまうくらいです。

 

実際にこの作品を読んだが、初盤から始まる男子と女子の行為に少し驚いてしまいました。

 

 

中学生という年で、いきなり二人でベッドのなかでの行為に、「え、これ、エロマンガ?」なんて思ってしまいましたが、それを裏切るような内容であり、正直びっくりしました。

 

 

血まみれ状態で死んでいる白い猫の死体から始まり、主人公の父親の狂った姿。

 

 

あまりにも、初盤からの流れでこんなことが起きるというどんでん返しに、驚きばかりです。

 

 

とくに、主人公の父親がこんなおかしくなってしまうのには印象的でした。

 

 

見た目は普通の、どこにでもいる普通の父親であるのに、いったい何が起こったというのだ、と思うくらいです。

 

 

そこからだんだんと続く恐ろしい出来事に、どう立ち向かっていくのか気になる作品でもありました。

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【父さんはひとごろし】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『父さんはひとごろし』を読む

 

 

父さんはひとごろし 作品情報

 

 

 

 

作品名 父さんはひとごろし
作者 ノレソレ
価格  1話 60pt
サンプル 無料で立ち読み サンプルのページはこちら
配信元  めちゃコミ

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【父さんはひとごろし】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『父さんはひとごろし』を読む

 

 

めちゃコミで無料立ち読み出来ます。

 

 

 

父さんはひとごろしめちゃコミで配信されてる漫画です。

 

 

 

 

めちゃコミとは、可愛いブルドックのCMでおなじみの公式電子書籍サイト

 

 

公式電子書籍サイトとは、今話題のスマホやPCで漫画が読めてしまうサイトの事を言います。

 

 

 

ホラー漫画をはじめ、面白い漫画がすっごく豊富で人気のコミックサイトなんです。

 

 

 

 

自分はいつもここで漫画を読んでます。

しかも1話80ポイント(80円)と言う、お手軽さ!

 

 

 

 

携帯電話料金で一緒に支払えるので、クレジットカードの登録不要です。

 

 

 

また、支払い方も多様で

 

 

楽天pay

 

 

YAHOOウォレット

 

 

Amazon Pay

 

 

でも支払いができるという、超便利で手軽で面倒な登録が不要なんです。

 

⇒『めちゃコミ』TOPはこちら

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【父さんはひとごろし】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『父さんはひとごろし』を読む

 

 

電子書籍を読むワケ

 

私は結構、ベッドで横になったり、リラックスタイムに漫画を読みます。

 

 

 

そんな時、手元に何冊も持ってきて、一巻抜けてたから取りに行かないと、、、

どこに置いたかな、、、なんて事がありません。

 

 

 

あと、ちょっと怖い漫画とかだと店員さんから買いにくかったりしますよね。

 

 

後、買ってから何か絵の雰囲気とか違った…ということも。

 

 

でも、電子書籍なら、立ち読みも出来るし、スマホさえあれば何度でも読めるので気軽に楽しめます。

 

 

 

数十円で読めちゃって、凄くお手軽です。

 

 

 

単行本一冊の値段で、何冊も読めちゃうから、お得感がすごいんです。

 

 

是非電子書籍がどんなものか覗いてみて下さい♪

 

 

 

めちゃコミで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【父さんはひとごろし】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

⇒『父さんはひとごろし』を読む