SNS地獄 第3話【命の危険があってもSNSが辞められない】ネタバレ・感想

 

SNS地獄  第3話【命の危険があってもSNSが辞められない】
ネタバレ・感想

 

 

「SNS地獄」
めちゃコミで、登録してなくても無料立ち読みできます。

 

読んでて怖い作品なので、まずはお試し読みをどうぞ。

 

 

▼画像クリックでめちゃコミに飛びます▼

⇒『SNS地獄』を読む

 

 

 

SNS地獄  第3話【命の危険があってもSNSが辞められない】ネタバレ

 

人のものを勝手に撮影したり、
呼ばれてもいないパーティーに行っては撮影を繰り返し
SNSに載せて、意識高い系のリア充を演出する主人公の「SNS地獄」は、SNSで偽りの自分を作り上げて、
「いいね」をもらったり、羨ましがられることに快感を覚える、現代の闇を描いたような作品となっています。
呼ばれていないパーティーに参加したり、人のものを勝手に撮影したり、借金地獄になって無理をしてもSNSをやめられない主人公は、
もはや良いことと悪いことの区別もつかなくなっていき、職場でもスマホばかり触っていると言われてしまう主人公が哀れで仕方ありませんでした。
三話のネタバレですが、主人公の行動がエスカレートして、電車で寝ていたイケメンとツーショットを撮り、勝手にSNSに載せてしまうという、
あまりの軽率な行動には驚かされてしまいましたが、
この軽率な行動が彼女を地獄に陥れることに…!

 

▼画像クリックでめちゃコミに飛びます▼

⇒『SNS地獄』を読む

 

 

 

SNS地獄  第3話【命の危険があってもSNSが辞められない】感想

 

 

SNS地獄が引き起こしたトラブルから、命の危機を感じて警察に相談し、SNSを控えるように言われてもやめることができない

 

 

 

更には危険な目にあったとしてもやめることができない主人公が生きている世界というのは

 

 

 

もうリアルな世界にはなく、SNSが彼女の全てではないだろうかと思わざるを得ませんでした。

 

 

 

 

彼女は一体どんな末路をたどってしまうのでしょう…?!

 

▼画像クリックでめちゃコミに飛びます▼

⇒『SNS地獄』を読む

 

 

 

 

SNS地獄 作品情報

 

 

 

 

作品名 SNS地獄
作者 高村しづ,とらふぐ
価格  60pt(60円)
サンプル 無料で立ち読み サンプルのページはこちら
配信元  めちゃコミ

 

 

▼画像クリックでめちゃコミに飛びます▼

⇒『SNS地獄』を読む

 

 

 

SNS地獄 無料で読めるって本当?

 

 

漫画村や無料アップサイト、ドロップブックス、zip等無料で読めるとかありますが、あそこで読んでしまうと

 

 

 

 

知らぬ間にスマホの情報が抜き取られたり、パソコンがウイルスに侵される可能性があります。

 

 

 

 

実際、私の知り合いはウイルス除去のために15000円以上の修理代を出さないといけないケースに陥りました。

 

 

 

 

ウイルスだけならいいのですが、スマホやパソコンの中にある、

 

 

 

 

あんな事やこんな事の大事なデータが流出してしまったりする可能性もあるのです。

 

 

 

 

では、どうやって読めばいいのか?

 

 

 

 

おススメは、公式電子書籍サイトで読むのが一番安全!

 

 

 

 

登録しなくても、試し読みができるので気に入ったら登録出来ちゃいます。

 

 

 

 

色々な公式電子書籍サイトがありますが

 

 

 

 

【SNS地獄】を 無料で試し読みができるめちゃコミがオススメです。

 

 

 

 

▼画像クリックでめちゃコミに飛びます▼

⇒『SNS地獄』を読む

 

 

 

電子書籍を読むワケ

 

私は結構、ベッドで横になったり、リラックスタイムに漫画を読みます。

 

 

 

そんな時、手元に何冊も持ってきて、一巻抜けてたから取りに行かないと、、、

どこに置いたかな、、、なんて事がありません。

 

 

 

あと、ちょっと怖い漫画とかだと店員さんから買いにくかったりしますよね。

 

 

後、買ってから何か絵の雰囲気とか違った…ということも。

 

 

でも、電子書籍なら、立ち読みも出来るし、スマホさえあれば何度でも読めるので気軽に楽しめます。

 

 

 

数十円で読めちゃって、凄くお手軽です。

 

 

 

単行本一冊の値段で、何冊も読めちゃうから、お得感がすごいんです。

 

 

是非電子書籍がどんなものか覗いてみて下さい♪

 

 

 

 

▼画像クリックでめちゃコミに飛びます▼

⇒『SNS地獄』を読む